Category Archives: 茨城県

フォトコンテストエントリーNo.366 茨城県 大塚様  成長部門 「302日目のラベンダーグロッソ」

2019年7月6日

2018年8月30日に植え付けて302日目の2019年6月28日。

満開を迎えましたラベンダーグロッソです。

グロッソは、寒さはもちろん、暑さにも強いので夏の暑さが厳しい関東でも弱ることなく育つ品種です。

紫色も美しいですが、香りも良いのも特徴です。

ふわっと香るラベンダーの香り。触れるとさらに良い香りが立ち上がります。

実は、植え付けてからなーんにも手をかけていません。

畑で野菜づくりをしているのですが、ハーブが好きで、ラベンダーの香りに包まれなから農作業が出来たら幸せだと思い、畑の端にラベンダーを植え付けることにしました。

マメに除草が出来ないので黒マルチを張りました。黒マルチを張ったお陰で草取りは、ほぼなし。ラベンダーを植え付けた穴の隙間に生える草を取るくらいでストレス無し。

水遣りもしません。

肥料は、春になってから畑の野菜に肥料をやる時ついでに残りをパラパラと。

そんなほったらかし栽培なのに厳しい冬を乗り越えて春になると徐々に株が大きくなり、ついに花茎を伸ばし、花咲きました。

すごいです。

贅沢にラベンダーの香りに癒されながら畑仕事をしています。

花茎も、蕾も多くて予想以上のボリュームに育ちました。

植え付け時は、本当に小さな苗でした。

しかし、植え付け時に小さい状態の方が、冬の間土の中で根の成長に力を使うことができ、しっかりと根を張ることで翌年大きい株になり、花を咲かせることが出来たのです。

来年、再来年と更に大きくなることを夢見て。

1年経たずにこれぐらい育って咲けばいうことないですよね。株が多いのでマルチされたことがいろいろプラスに働いたようで良かったです。周りを見ると日当たりも風通しも良さそうなので、ラベンダーにとってもいい環境だったのでしょう。

ラベンダーの香りに包まれながらの畑仕事、理想かもしれませんね。

それにしても、ラベンダーはやっぱり列植すると引き立ちますね!!畑でも持っていないとできないことですからそういう意味でも羨ましい環境ですね。

茨城県 A様  「外の自然でたくましく育った感があり、頼もしく見えました」

2019年3月12日

昨夜、苗と土を受けとりました。
丁寧な梱包で、ヤマト運輸さんの丁寧な輸送もあり、土こぼれなどなく、驚くほど完璧に届きました(≧∇≦)

苗さんたちも元気で、外の自然でたくましく育った感があり、頼もしく見えました。

この度はありがとうございましたm(__)m

御丁寧に到着の御連絡ありがとうございました。
無事届いたようでよかったです。丁寧に届けていただけて感謝です。
これからの時期、ゆっくりですが順調に育つと思います。ぜひお楽しみいただければと思います。ご質問等ございましたらお気軽にどうぞ。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございました。

フォトコンテストエントリーNo.327 茨城県 茨城のスギちゃん様  庭部門 「私は誰?」

2018年11月15日

入賞

やっと秋らしい季節になって、チョットほっとしています。
庭では、近所の人に頂いたツワブキが八年ぶりに咲いたり、山茶花を目当てにオオスズメバチが巡回する様になったり、また夏場に虫に葉が食べられて、楽しみにしていたマルバノキの紅葉が期待出来ずにいた枝に、エイリアンを思わせる花が咲き始めるなど、新しい発見もありました、、、。
それに、ウッドデッキもどきの手作り濡縁もやっと完成し、これからはハーブの香りを感じつつ空を眺めながら、例の巡回猫と一緒にやっとお昼寝ができそう????です。なんて、、、、。
今回はそんなデッキの傍らに植えたハニーサックル-セロチナの誘引用棕櫚縄で枯葉になって、多分、「私は誰?」と言っているホシヒメホウジャク??を捉えたものです。(今回は、図鑑では検索出来ませんでした。ネットは凄い!)

大変な夏がようやく終わり、人も動物も植物もようやく普段の生活に戻りつつある感じがしますね。
自作の濡縁でお昼寝を楽しむなんて贅沢な時間ですね。
今回もお写真ありがとうございました。これは、そうだと思って見ないと絶対騙されてしまいますね。周りも枯れ葉がいっぱいある季節ですし。枯れ葉に変身しているのは何かからかくれるためなのでしょうか、それとも何かを狙うためなのでしょうか。ご本人に訪ねたいところです(笑)

フォトコンテストエントリーNo.323 茨城県 M社様  庭部門 「ポタジェガーデン」

2018年9月13日

323

定年退職した方が小さく畑を作っていた所に新たに土を入れて今はやりのポタジェガーデンを作ろうと春から庭作りしてここまでになりました。まだ小さくて見えませんが、コキアの間にも10種類くらいの植物が隠れています。

1年草が終わったら新たなハーブを植えようと思っています。

会社のお庭なんですね〜。園芸が好きな方がたくさんいらして素晴らしいです!

それにしてもコキアの可愛らしいこと!
これから紅葉したらすごく目立ちそうです。ポタジェのなかの野菜も気になりますね〜

フォトコンテストエントリーNo.320 茨城県 茨城のスギちゃん様  庭部門 「お爺さんエイリアン(青目虻)」

2018年8月12日

320入賞

猛烈な暑さ、いつもとは異なるコースを辿る台風、そして北限を延ばす蝶たち、、、。 地球温暖化の始まりの始まり なのでしょうか?ナンテ、、、。
しかし、本当に暑い日々が続きますね。 今回はそんな酷暑に相応しい ?昆虫がタイムの庭に登場しました。ちょっとお爺さんエイリアンを想わせますが、特徴的な複眼を手掛かりに又しても図鑑で検索すると、アオメアブかなぁ???
という結論になりました。
ネットでは屈強なハンターのようですが、他日狩猟行動を垣間見ると、写真のように低い枝葉にジッと待機していて、周辺に昆虫が飛翔してくるなり襲撃しますが、失敗するともとの場所に戻ってまた待機します。結構失敗が多いようです?
では 酷暑故、外での仕事は大変だと思いますが、御身大切に

本当に今年の夏は異常ですね。我々もですがハーブたちや昆虫たちも戸惑っているのではないでしょうか。
アオメアブって言うんですね。確かにエイリアンを思わせます。以前、最強のアブの仲間だという話を聞いたことがありますし、当店の圃場でもにたようなアブを見かけます。まだ昆虫を捕まえているところは見たことないですし、なかなかこんなに近づいて見ることもないです。貴重なお写真ありがとうございました。