Category Archives: 鉢植え部門

フォトコンテストエントリーNo.432 東京都 S様  鉢植え部門 「パンジーとソバの花」

2021年5月17日

昨年秋に種を蒔いたパンジーの植え付けに貴店の「そば殻燻炭」を使用したところ、
いつの間にかソバが生えていました。
まあいいか、と放っておいたのですが、なんと先日小さな花を咲かせていました!
なかなか愛らしく可憐な花で、にこにこしながら眺める日々です。

パンジーの花とそばの花、ちょっと不思議な組み合わせですが、妙に馴染んでいますね(笑)
それにしても不思議なのは、そば殻燻炭はソバの種子もほとんど炭になっているはずですが、すごい生命力ですね!
パンジーも生き生きしているのはそば殻燻炭の力もあるのでしょうか。

フォトコンテストエントリーNo.430 三重県 高倉様  鉢植え部門 「いつもより立派な今年のミント」

2021年5月15日

ミントはどんどん増えるので大きめの鉢植えにしていますが、今年はいつもより立派に成長しました!
植物にはコロナは関係ないですねー

本当ですね!ピンと伸びた茎といい、艶のあるしっかりした葉といい、商品の見本写真にしたいぐらいです。
さぞかし香りもいいことでしょう。ぜひハーブティーなどにも試してみてください。
おっしゃるように植物にはコロナ関係なくていいですね。ある方が言っておられましたが、コロナのおかげで植物を観察する時間が増えた分、こまめな手入れができて例年よりよく育っているそうです。そうかもしれないですね。

フォトコンテストエントリーNo.427 新潟県 D様  鉢植え部門 「1つの芽」

2021年5月14日

色々と不安な時期ではありますが
そんな中で日々の癒しとなっていたものがハーブティーでした。
自分の家で採れた新鮮なハーブでお茶をいれたいと思い、はじめてハーブを種から育ててみることにしました。
今年の4月上旬にレモンバームの種をまき、毎日ワクワクしながら芽がでるのを待ちわびていました。
しかし2週間程たっても芽はでず、諦めかけていた最中、1つの芽が出たのをきっかけに次々と新しい芽が顔を出しました。あまりにも嬉しくなり、慌てて旦那にも声をかけ、2人でレモンバームの芽をながめました。
ゆっくりではありましたが成長を日々感じられるのが毎日の楽しみになっていました。
そんな中、その日もいつものように朝の水やりをし、会社に出かけ、夕方に戻ってみてみると、
あんなにたくさん芽吹いていたレモンバームがほとんど枯れていました。その日は急に気温が日中あがったせいかもしれません。
毎日かわいがっていたため、非常に悲しい気持ちになりましたが1つの芽だけ幸いにして枯れずに生き残っていたのです。
まだまだ知識もなく、ハーブのことも植物の育成も初心者ではありますが
今後は今回の経験を糧にして、元気なハーブを育てていけるようにもっとハーブに寄り添っていきたいと思いました。

ご自身で育てたハーブを収穫してお茶を飲む・・・貴重な経験ですよね、しかも種子から育てたものならば美味しさも更に深まりそうです。
そんなレモンバーム、一つだけ残った姿がまた健気です。
実際、我々でも似たような経験はよくあります。特にこの時期は柔らかく伸びるので、全部がダメになることも稀ではありません。失敗もまた大事な経験です。
この芽が大きく育って、収穫できたときには、是非ハーブティーのお写真をお送りくださいね。楽しみに待っております!

フォトコンテストエントリーNo.420 大阪府 potfu様  鉢植え部門 「自作の植木鉢とハーブたち」

2021年4月28日

入賞

陶芸をしているのですが、植物好きが高じて植木鉢を作りました。平たいコンポート型の鉢は寄せ植えにぴったりでした。
受け皿があると台無しなので下部が受け皿になり分割出来る様に作ってみました。
水はけもいいのでハーブも喜んでくれるのではと思ってます
(^-^)。ハーブは庭でも育てていますが、料理中にすぐ使えるようにキッチンの日がよく当たる出窓のところに置いてみました。長い時間過ごすキッチンでハーブの様子をいつも見れますし、料理のアイデアも湧いてきて、おうち時間を楽しめてます!!

工夫を凝らされた素敵な鉢ですね。やはり、使う方がデザインするといいものができますね〜。それに応えるようにハーブたちの成長も見事です。

「下部が受け皿になり 」というところも、じっくり眺めてようやくわかりました。ぱっとみると鉢の台のようですが、器になっているんですね!
陶芸に加えてお料理もオリジナル、頭が下がります(笑)

フォトコンテストエントリーNo.417 滋賀県大津市 K様  鉢植え部門 「リシマキア・ヌンムラリア・オーレア」

2021年4月7日

冬の間、降雪も霜もどちらも二度三度ありましたが、再び元気な姿を見せてくれました。

鮮やかなイエローですね!リシマキア・ヌンムラリア・オーレアは柔らかい葉なので案外冬に傷みやすいんですよね。当店のも、今年はまっ茶色になりました。
そこから復活してこの姿?それとも、雪や霜をきちんと防寒されたのでしょうか。いずれにしてもK様のお手入れに答えてくれたんですね!