Category Archives: フォトコンテスト

フォトコンテストエントリーNo.327 茨城県 茨城のスギちゃん様  庭部門 「私は誰?」

2018年11月15日

やっと秋らしい季節になって、チョットほっとしています。
庭では、近所の人に頂いたツワブキが八年ぶりに咲いたり、山茶花を目当てにオオスズメバチが巡回する様になったり、また夏場に虫に葉が食べられて、楽しみにしていたマルバノキの紅葉が期待出来ずにいた枝に、エイリアンを思わせる花が咲き始めるなど、新しい発見もありました、、、。
それに、ウッドデッキもどきの手作り濡縁もやっと完成し、これからはハーブの香りを感じつつ空を眺めながら、例の巡回猫と一緒にやっとお昼寝ができそう????です。なんて、、、、。
今回はそんなデッキの傍らに植えたハニーサックル-セロチナの誘引用棕櫚縄で枯葉になって、多分、「私は誰?」と言っているホシヒメホウジャク??を捉えたものです。(今回は、図鑑では検索出来ませんでした。ネットは凄い!)

大変な夏がようやく終わり、人も動物も植物もようやく普段の生活に戻りつつある感じがしますね。
自作の濡縁でお昼寝を楽しむなんて贅沢な時間ですね。
今回もお写真ありがとうございました。これは、そうだと思って見ないと絶対騙されてしまいますね。周りも枯れ葉がいっぱいある季節ですし。枯れ葉に変身しているのは何かからかくれるためなのでしょうか、それとも何かを狙うためなのでしょうか。ご本人に訪ねたいところです(笑)

フォトコンテストエントリーNo.326 東京都 I様  鉢植え部門 「可憐な力強さ?!」

2018年11月2日

プロストレイトローズマリー

3年程前にSORAMIMIハーブショップさんで購入した「プロストレイトローズマリー」。昨年ころから、よく花を咲かせてくれるようになりました。
薄紫色の花が房になってよく咲きます。可憐な花で観る者を癒してくれる一方、匍匐しながら太陽へ向かって伸びる枝、その姿はまるで「岡本太郎の【芸術は爆発だ!】」を彷彿とさせる力強さです。

プロストレイトは丈夫でよく咲くローズマリーですが、それにしても充実した花ですね!!
枝もしっかりしているし、丁寧にお育て頂いている感じが伝わってきます。
それが岡本太郎ばりの力強さになっているんですね!
「可憐ながらも力強い」目指したいですね〜

フォトコンテストエントリーNo.325 高知県 K*NATURAL様  収穫・利用部門 「フェンネル・ローリエ・セージ」

庭のフェンネル・ローリエ・セージを 収穫\(*⌒0⌒)♪

とっても綺麗なハーブたち。雑誌のワンカットみたいですね!!
見ているだけで、あったかいスープが作りたくなってきました。どんな料理に使われるんでしょうかね〜。

8~9月のハーブ・フォトコンテストの入賞作品が決定いたしました。

2018年9月30日

8~9月のハーブ・フォトコンテストの入賞作品が決定いたしました。

B. 庭部門

エントリーNo.320 茨城県 茨城のスギちゃん様「お爺さんエイリアン(青目虻)」


D.成長部門

エントリーNo.322 兵庫県 Y様 「憧れのアーティチョーク☆」


C.収穫・利用部門

エントリーNo.324 広島県 K様 「初めてのサシェ」

A.鉢植え部門は、エントリーがございませんでした

おめでとうございます!

各部門の受賞者様には、追って賞品をお送りいたします。今しばらくお待ちください。(収穫・利用部門の方には、賞品を、その他の部門の方にはお好きな苗を選んで頂ける引換券をお送りいたします。)

今回もスタッフ全員で審査にあたらせて頂きました。
今回は、猛暑や次々に起こる自然災害もあって、エントリー数が非常に限られてしまいましたが、そんななかでエントリーいただいた皆様には感謝しております。

また、庭部門はいつもの回では票が割れることが多いのですが、今回は青目虻に集中しました。

皆様からの魅力たっぷりの作品をお送りいただき、当店スタッフ一同、大変嬉しく思います。大切に育てていただいていることに感謝し、この場を借りて御礼申し上げます。

 

フォトコンテストエントリーNo.324 広島県 K様  収穫・利用部門 「初めてのサシェ」

2018年9月15日

324入賞

初めてサシェを作りました。間違えては何回かやり直し、不器用なりにオリジナルのサシェができて、手間をかけた分できた時はうれしかったです。
下の大きいサシェは家の壁に飾る用、上のは枕元に置く用、小さいのは鞄に忍ばせる用に作りました。
家族にも好評でした。

初めて作られてこの出来栄えってすごいですね。サイズや形もいろいろでどういう用途なのかなと思ったら、壁掛け用、枕元用、鞄用なのですね!!
布の柄もシックで素敵です!!
ご家族に好評とのこと・・・どんな香りなのかがとっても気になるところです。