Tag Archives: ペニーロイヤルミント

ペニーロイヤルミントの毒性は

 

Q:アリやダニに悩まされています。友人からペニーロイヤルミントを植えることを勧められましたが、毒性があると聞いて躊躇しています。植え付けや手入れの時、手や肌についても大丈夫でしょうか。かぶれたりする心配は無いでしょうか。(茨城県 S様)
A:よほど肌が過敏でいらっしゃると言うような場合を除き心配されなくても良いでしょう。普段、当店スタッフも株分けや剪定等素手で行っておりますが、問題はございません。ただ、傷などがある場合は注意された方が良いかも知れませんね。ちなみに、食用には向きませんので、料理やハーブティーに用いることはお控えください。
ペニーロイヤルミント

ペニーロイヤルミント

ペニーロイヤルミントとペット

Q:ペニーロイヤルミントを庭で育てています。グラウンドカバーにしてますが、ネコと犬を飼っています。ペニーロイヤルミントには毒性があると聞きましたが、害があるのでしょうか。抜いた方がいいですか?(神奈川県 S様)

A:他のミントと比べるとペニーロイヤルミントには毒性があり、飲用などはあまりおすすめしておりません。最も注意すべきなのはエッセンシャルオイルでの利用です。一方、植えられているペニーロイヤルがあるからと言って、ネコや犬に害があると心配される必要はないでしょう。大量に食べるようなことは考えにくいですし。むしろ、ノミなどの害虫除けとして役立ってくれると思います。

グラウンドカバーの種類と適地は?

Q:グラウンドカバーについて質問です。色々な種類がありますが、どのような場所にどの種類が適しているのでしょう。(神奈川県 U様他)

A:お住いの地域や環境によっても少しずつ変わりますが、概ね次のようにおすすめできます。お選びいただく際の一助になれば幸いです。

日がよくあたり、乾燥する場所でしたら匍匐性のタイム類、日当たりがよくて、少し湿り気があるようならローマンカモミールダブルフラワーカモミールはもう少し通風が良い場所が適しています。半日陰〜日陰で湿り気があるのならペニーロイヤルミントカニングハムミント、アジュガ、グラウンドアイビーなどがおすすめです。

また、日当りから半日陰まででしたらカーペットグラスの各種類も良く育ちます。夏場ほとんど日が当らない涼しい日陰ならコルシカンミントなども良いと思います。

日なたから日陰まで広く対応してくれるのがパープルペリウィンクルです。ホワイトペリウィンクルはやや日陰のほうが葉色がきれいです。

/* add secondmenu */