カテゴリー別アーカイブ: 茨城県

フォトコンテストエントリーNo.320 茨城県 茨城のスギちゃん様  庭部門 「お爺さんエイリアン(青目虻)」

2018年8月12日

320

猛烈な暑さ、いつもとは異なるコースを辿る台風、そして北限を延ばす蝶たち、、、。 地球温暖化の始まりの始まり なのでしょうか?ナンテ、、、。
しかし、本当に暑い日々が続きますね。 今回はそんな酷暑に相応しい ?昆虫がタイムの庭に登場しました。ちょっとお爺さんエイリアンを想わせますが、特徴的な複眼を手掛かりに又しても図鑑で検索すると、アオメアブかなぁ???
という結論になりました。
ネットでは屈強なハンターのようですが、他日狩猟行動を垣間見ると、写真のように低い枝葉にジッと待機していて、周辺に昆虫が飛翔してくるなり襲撃しますが、失敗するともとの場所に戻ってまた待機します。結構失敗が多いようです?
では 酷暑故、外での仕事は大変だと思いますが、御身大切に

本当に今年の夏は異常ですね。我々もですがハーブたちや昆虫たちも戸惑っているのではないでしょうか。
アオメアブって言うんですね。確かにエイリアンを思わせます。以前、最強のアブの仲間だという話を聞いたことがありますし、当店の圃場でもにたようなアブを見かけます。まだ昆虫を捕まえているところは見たことないですし、なかなかこんなに近づいて見ることもないです。貴重なお写真ありがとうございました。

フォトコンテストエントリーNo.306 茨城県 茨城のスギちゃん様  庭部門 「守り主2」

2018年6月5日

306

関東では、今週末には梅雨入りしそうですが、松江のほうは如何でしょうか?
ところで、今回も生き物シリーズで??
またまた、シルバークイーンタイムに訪れた守り主?を捉えたものです、、、。
どうやら、長い触角や腹部の黄色い二つの模様を手掛かりに図鑑で調べたところ、黄帯土蜂の雌らしい???(たぶん)
もし、寄生蜂のキオビツチバチなら
コガネムシの幼虫の天敵であり、庭のどこかに幼虫が潜んでいるということでしょうか?
まずは、「守り主2」登場ということで、吉とすることにしましょう。

こちらも梅雨入り目前というところです。キオビツチバチ、存じ上げなかったですが、コガネムシの幼虫の天敵とは嬉しいですね。コガネムシの幼虫の被害に悩んでいらっしゃる方は多いですので。
蜜が好きなのでしょうか、当店の畑にも現れて欲しいです。

茨城県 Y様  「土の量が鉢にぴったりだったことに驚きました」

2018年5月2日

お世話になっております。
このたびは、スペアミント・ローズマリーの苗を発送いただき、ありがとうございました。
事前に到着日時をご連絡いただいておりましたので、苗を受け取ることができました。
届いてすぐに鉢植えセットの説明に従い苗を植え替えましたが、土の量が鉢にぴったりだったことに驚きました。いつもは鉢から山盛りに土を入れていたのですが、よくなかったんですね。初心者セットを一緒に購入しておいて、本当に良かったです。 ローズマリーの花が小さいのにいい香りがしますね。しばらくは鑑賞用にするつもりです。
一方で、ミントはアイスの上に飾って…そのままいただきました。スペアミントでよかったとしみじみ思いました。

最後に「通販」という購入方法には抵抗感があったのですが、御社を利用して良かったです。細かいご配慮、本当にありがとうございました。

どうぞ、今後ともよろしくお願い申し上げます。

御丁寧な到着の御連絡をいただき、恐縮です。
無事届いたようで安心しております。あわせて、早速に植え替えていただいたようで嬉しく思います。うまくいって良かったですね。鉢植えセットを作っていただいているNPOこだまさんがいつもきっちりと計っていただいているおかげです。

土は山盛りにすると、水やりした時に、水が一時的に溜まるスペースがないので、少し上部に余裕があるようにするといいです。次から鉢植えセットを参考にして植えてみてください。

ローズマリー、まだ花が残っているようで良かったです。ミントも早速に使っていただき、ありがとうございます。これからどんどん伸びますのでしっかりご活用ください。

フォトコンテストエントリーNo.290 茨城県 茨城のスギちゃん様  庭部門 「もう一人前???」

2018年4月26日

290

以前子グモたちがバルーニングした牡丹の足元に植えたレースラベンダーを訪れたカマキリの子を捉えたものです。小さな庭でも、多くの生き物たちが生き残りかけて懸命の生きている姿を見ると、ちょっと考えさせられますね、、。

レースラベンダーの花のサイズからするとこのカマキリの子もとっても小さそうですね。でも、それにもかかわらず、一人前のようなポーズ!
何かを狙っているのでしょうか、それとも何かを待っているのかな?小さな生き物たちがたくさんいるお庭、素晴らしいですね。我々が学ぶものも多いです。

フォトコンテストエントリーNo.282 茨城県 茨城のスギちゃん様  庭部門 「子グモたちの旅立ち」

2018年3月16日

282

今冬は、松江の方は大変だったようですね! こちらでは、大雪と小雪が一度づつあっただけで、ハーブたちも、無事に冬を越すことができたようです??
因みに、タイムの大変身には驚きました(特に雪の日は印象的でした)、、。
今回は、一昨日、庭に出たところ、横に棚引く蜘蛛の糸が沢山目に付いたことが始まりでした。 ふと、思い至って探したところ、、、、
どうやら、牡丹の芽から旅立とうした土蜘蛛の子たちのバルーニングのようでした?
では、御身大切に

今年の冬は、当地は今までにないような雪の降り方のうえ、気温も非常に低くなって大変でした。ハーブたちも寒さに弱い種類はだいぶしんどかったようです。

タイムの大変身?!気になりますね。

そちらはもう蜘蛛たちが動き始めたのですね。ハーブたちをしっかり守ってくれることでしょう。