カテゴリー別アーカイブ: 鉢植え部門

フォトコンテストエントリーNo.197 高知県 M様  鉢植え部門 「ストロベリーへの珍客」

2016年7月13日

イトトンボ

ワイルドストロベリーに珍客が訪れました(笑)数年前から庭にイトトンボが現れるようになって、私は嬉しかったです。

虫は得意ではけしてない私は子供の頃、夏休みの宿題で虫を捕まえろとのお達しをグズって後回しにしていました。母に見つかり、2人で朝もやけむる小さな公園に出掛けてもまだグズる私に母は「アレよ、捕まえて。」と。もうどうにでもなれと虫取り網を振るった私は網の中を見て驚きました。イトトンボとの初めての出会いです。母は珍しいから誰も捕まえてないと言って、私は喜びました。その細さが衝撃的で。

それからイトトンボは珍しい、それになぜか神聖な生き物として認識していました。

美味しいワイルドストロベリーの香りに寄ってきたのでしょうか。
ふらっと今日もイトトンボはやってきます。

イトトンボ、本当に繊細なトンボですよね。お母様との素敵な思い出ですね。この思い出が一層イトトンボの印象を強くしているのでしょうね。

いつもワイルドストロベリーにやってくるのはなぜでしょう。休憩するのに居心地がよいのかもしれませんね。

フォトコンテストエントリーNo.195 新宿区 今井様  鉢植え部門 「薄明かりのほおずき」

2016年7月8日

ほおずき

梅雨のうっとおしい時期に見せるほおずきの鮮やかさは
梅雨明けの期待と夏の到来を予感させます。

ほおずき、鮮やかに色づき始めていますね。なるほど、ほおずきが色づくともうすぐ梅雨明けですか。そういえば、関東ではほおずき市もひらかれるのもこの時期、ほおずきをみて夏を感じるのもまた良いものですね。

フォトコンテストエントリーNo.189 東京都 minol様  鉢植え部門 「アグリモニーとスカイツリー」

2016年6月11日

アグリモニー

入賞

購入後、一同相談させていただいたアグリモニーの写真お送りします。実は写真送付後、室内でしばらく育てていてたのですが、冬の間に地上部が枯れきってしまって悲しい姿になってしまっていました。。。。

でも年が変わり戸外に出して根気強く待ち続けたら、春になり一気に成長してきてかわいらしい花を見せてくれました!

奥にぼやっと見えるのはスカイツリーです。

アグリモニーのまっすぐ伸びた茎と、スカイツリーの対比がかわいらしかったので感謝を込めてこのお写真で、無事に成長したことを報告させていただきます。

もともと野性味にあふれたアグリモニーですから、室内よりも外に出したことで元気になったのでしょうね。開花おめでとうございます。

「根気強く待ち続ける」というのは植物を育てるのにとても大事ですよね。

元気に咲いたアグリモニー、スカイツリーにも負けていませんね〜。とっても雰囲気があります。