カテゴリー別アーカイブ: 庭部門

フォトコンテストエントリーNo.198 岡山県 アラキ様  庭部門 「バラとハーブ達の庭」

2016年7月19日

バラとハーブ達の庭

この新緑の季節は、かわいらしい花々をたくさん楽しむことができました。ナスタチウムは去年よりも花つきがすばらしく、尽きることなく庭を彩ってくれています。
チャイブやカモミールジャーマンの花を初めて見れた。
そして何より嬉しかったのは、種から育てたラベンダーがようやく、濃い紫の花穂を見せ てくれたこと!

庭を作りはじめて2年目。

もともとぽつんとあった中央のバラを囲むように、ハーバルな植物を少しずつ増やしてい ます。

何せ庭づくりなんて、自分からしたこともなく、知識といえば、子供の頃に実家で作って いた野菜の記憶くらいでした。
いざ始めてみると、それぞれ植物の土の好みや、少しの日当たりの違いが育ちに大きく関 わること、 種からこんな形で大きくなっていくのかぁと、発見と新鮮な気持ちの連続です。

ちなみにバラは、祖母が嫁いだ時に植えたものだそう。
この緑たちを見るだけで、なんだか元気をもらえます。

お祖母様のバラを囲んでカモミールやラベンダー達が咲く庭、なんかほのぼのとしていますね。

初めて育てる植物というのは、本当に毎日のように発見があって楽しいですし、それが種子から育てたものならなおさらでしょう。ラベンダーは種子からは結構難しいですから、2年目のお庭にしてはすごいと思います。

それにしても、お祖母様が嫁がれた時のバラ・・・物凄い年数ですよね!びっくりです。

フォトコンテストエントリーNo.186 神奈川県 竹内様  庭部門 「お母さん大忙し」

2016年6月3日

お母さん大忙し

先月も投稿を考えていたシジュウカラの巣作りですが、間に合わず諦めていましたら、同じお母さんか?2度目の卵を温め出しました。鳥博士?の兄によると虫が多い年にはこうして何度も同じ巣で子育てするそうです。今は5分おきにこうして虫を運んでいます。

台所の出窓すぐのところにある巣箱なので、炊飯器からご飯をよそっていたらお母さんが飛んできたりして私はその間脅かさないようにフリーズします。

無事に雛が巣立つように祈る日々です。

目の前で巣作りを眺められるなんて羨ましい環境ですね。また、竹内様のお庭が安心して子育てできる環境なのだからでしょう。

それにしても5分おきとは!親鳥の愛情にもびっくりですが、そんなにたくさんの虫を捕まえるとは、シジュウカラはすごい鳥ですね。

雛が巣立つまでは、ご飯が冷めてしまってもガマンする日々がつづきそうですね(笑)

フォトコンテストエントリーNo.185 篠山市 幸子様  庭部門 「ぶた小屋の庭」

ぶた小屋の庭

入賞

昔は豚小屋だったそうで、私たちは今も「ぶた小屋の庭」と呼んでいます。今はキャットニップ、セイジ、ルー、リチニスコロナリアアルバ、セルフヒール、ドクダミ、ユキノシタ、フェネル、がとても元気で、特に赤い虫取りナデシコはアゲハの大好きな花です。

これからタイムとマージョラムがぐーんと成長してくるのでチキンやトマトの料理を楽しみにしているところです。

「ぶた小屋の庭」とっても可愛らしいネーミングですね。ご説明していただくと、なるほど、いろいろなハーブたちでいっぱいの、ナチュラルで素敵なお庭ですね。

ハーブもとても元気そうです。お料理にも大活躍のご様子、こんなお庭があると贅沢ですね!

フォトコンテストエントリーNo.184 山形県 S様  庭部門 「5年ぶりのエルサレムセージ」

2016年6月1日

エルサレムセージ

写真はエルサレムセージです。約5年ぶりくらいで咲きました。久しぶりで見るエルサレムセージの花です。今、レッドキャンピオン、ホワイトキャンピオン、ローンデイジー、ハニーサックルが咲き始めました

また、クイーンエリザベス、ズブニール・ドゥ・アンネフランク、ダマスクローズなどが咲いています。

5年ぶりですか!実は当店の畑のエルサレムセイジも今年は例年よりも調子がよく、よく咲いています。と言っても、この写真には劣りますが(笑)。やはり山形の涼しい環境の方が合っているのでしょうね。バックに見える小さな花たちも優しい色合いですね。きっと、ローズも素敵に咲いているのでしょう。