ワイルドストロベリー

初心者でも育てやすく、花も実も楽しめ、葉もお茶にできるなど、活用範囲の広いワイルドストロベリーは、初めてハーブを育てる方にも人気のハーブです。

ストロベリーの花

白い花と赤い実が特徴のワイルドストロベリー。白い実の種類もあります

しばらく育てていると・・・

そんなワイルドストロベリーを育てはじめて、まず最初に「あれ??どうしよう」と思うのが、ワイルドストロベリーのランナーです。

ストロベリーのランナーと子株

すでに苗の時期にランナーや子株がつくこともある

ストロベリーのランナーと子株

ランナーの先にできはじめた子株

時期にもよりますが、育ち始めてしばらくすると株元から柔らかい茎のようなものが横にのびてきて、あれよあれよという間に鉢の外にまで伸びてきます。そのうち、先っぽに小さな葉っぱのようなものが出てきます。調子が良いと、一株から何本ものランナーがでることも珍しくありません。

プランターに植えたストロベリーのランナーと子株

プランターに数株植えて1年後のストロベリー。たくさんのランナーと子株ができている

これをどうしたら良いのでしょうかというご質問をよくいただきます。切った方が良いのか、そのままで良いのか、最初は迷ってしまうことでしょう。

伸びてくる茎の正体

この、伸びてくる茎のようなものは、「ランナー」といいます。そして、さらにその先には子株ができてきます。 ストロベリーは、種子でも増えますが、この子株が、土に根を張って新しい株として育つことで、育つ範囲を徐々に広げるのです。

ストロベリー

とあるお庭。最初に植えた数株のホワイトワイルドストロベリーがランナーでこんなに増えた

種類によるワイルドストロベリーの増やし方

ちなみに、ストロベリーにはいろいろな種類があって、ランナーが出る種類と、ランナーが出ない種類があります。 当店で扱っている種類ですとランナーが出る種類はワイルドストロベリーと、ホワイトワイルドストロベリーです。その他の種類(ルーゲンストロベリーアレキサンドリアストロベリーなど)はランナーが出ないので、おもに株分けで増やします。

ランナーが伸びる季節

また、ランナーが出る時期はおおよそ春の開花、結実が終わってしばらくしてからです。大抵5月から7月ぐらいが多いですが、調子が良いと秋にもランナーが伸びてくることがありますので、その時をねらって増やすようにすると良いでしょう。

ランナーを利用したストロベリーの増やし方

子株

ランナーにできはじめた子株。まだ小さいのでもう少し待ってもよい

子株

子株もだいぶしっかりしてきて下の方に根のようなものも見えてきている

子株の根

すでに根が出てきた子株。これぐらいになるとすぐに根付きやすい

ランナーの先に子株ができ始めたら、子株の下がしっかりしてくるのを待ちましょう。場合によっては根のようなものも見えてくるかもしれません。そうしたら、子株の下の部分を土に埋めます。

子株

おおよそ点線より下が土に埋まるように

大きな鉢やプランターの場合は、鉢の隅などに子株を軽く埋めておくだけでも良いでしょう。季節や環境にもよりますが、そのまま2、3週間置いておくと子株からしっかりと根が出てきますので、周りの土ごと掘り上げて他の鉢などに植えなおすと良いでしょう。

子株

鉢の空いたスペースに埋めておく

また、ランナーの長さが十分にある場合は最初から小さい鉢や育苗ポットなどに子株を軽く埋めて発根させることもできます。いずれの場合でも、あまり深く埋めすぎずに葉の部分は土から出るようにしておくと良いでしょう。

子株

子株も十分なサイズの場合は直接鉢に。

子株 子株

育苗ポットでもよい

子株

少し埋めすぎた例

埋めた後は、少し多めに水やりをして、極端に乾かないようにしましょう。また、大事なのは下記のように、根が出てくるまではランナーは切らないようにすることです。

根が出てきてから親株からのランナーを切る

根が出て自分で水分や栄養分を吸収できるようになるまでは、親株から水分や栄養分を受け取っています。人間でいう親からの仕送りのようなものですね。独り立ちできるまでは、ランナーは残しておきましょう。

ランナーを切る目安は、子株の葉に成長が見られるようになってきたころです。軽く株やランナーを引っ張ってみましょう。引っ張った時に抵抗を感じられるようなら、根付いている証拠ですので親株から切り離しても大丈夫です。

子株

引っ張ってみて抵抗を感じるようなら、そろそろ独り立ち

子株

ランナーから切り離しても大丈夫

子株

無事独り立ちできた子株たち

ストロベリーは時々株の更新を

どんな植物でも株は徐々に老化してきます。ストロベリーも株が老化してくると花や実のつきが悪くなったり、いずれは勢いが弱くなり、枯れてきます。そのため、前もって若い株を育てていき、徐々に更新していくと長く楽しめます。鉢植えの場合は特に子株をきちんと育てて古い株と入れ替えるようにすると良いでしょう。ランナーが出ない種類も株分けをしたり、植え替えすることで株の老化を防ぐようにするのがおすすめです。

地植えの場合は、ランナーが出ることで自然に新しい株が周りにできて株が更新されます。一年もするとどれが親株だったかもわからなくなるぐらいです。

一般のランナーのあるイチゴ(主に実を収穫する品種)の場合は、親株からでてきた子株よりも、子株から更に出てきた孫株を大事に育てると良いと良く言われますが、ワイルドストロベリーの場合は、子株でも特に問題ありませんので、そのまま育てても大丈夫です。

ストロベリーポットでワイルドストロベリーを育てる

ストロベリーポット

ストロベリーポットでストロベリーを育てる

ストロベリーポットと呼ばれる容器があります。縦長のテラコッタ(近年は軽量なプラスチックのものもあります)の鉢で、鉢の上と胴回りに苗を植えるポケットが付いた鉢です。ずいぶん昔、この鉢のポケットそれぞれにいろいろなハーブを植えて楽しむというのがはやったことがありましたが、名前の通り、本来はストロベリーのランナーを出して子株をつけるという特性を活かして楽しむ鉢です。

まずは、ストロベリーポットに土を満たし、一番上の口(植える場所)にストロベリーを植えます。

ストロベリーポット

最初はこれだけですので少し寂しいですが、根付いてくると徐々にランナーが伸びてきます。

ストロベリーポット

一月半後。株がしっかりしてきたらランナーが出はじめる

子株

ランナーの先に子株がはっきりとでき始めたら、上の方のポケットに子株の株元を植え込みます。

子株

差し込んだだけですと水やりしたり、強い風が吹いた時に外れてしまうことがありますので、小さな針金のようなものでU字型のフックを作ってランナーの先を埋めるようにすると良いでしょう。

フックフック

しばらくするとこの子株も根付いて、この子株からまたランナーが出てきますので、その先にできる孫株を更に下や横のポケットに植え込んでいきます。

ストロベリーポット

これを繰り返すと、全てのポケットにストロベリーが育ってきます。

ストロベリーポット

完成(約半年後)

もちろん、最初の株は徐々に古くなってくるので、時々子株(孫株)を一番上の枠に戻して更新を図ると良いでしょう。また、周囲ぐるりとポケットがありますので、同じ方向からばかり日が当たらないよう、時々回転させてやるとバランス良く育ちます。

ストロベリーポット

新しい株を一番上に植えて株の更新


いかがでしたでしょうか。もし、まだ良く分からないことがあるという方のためには初心者の方専用ホットラインをご準備いたしております。ご質問等お気軽にお寄せください。

ホットライン